一般診療| 加茂宮、本郷、宮原町のママ歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~18:00
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※月曜祝日の週は水曜診療、木曜休診となります。

〒331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町1-587-1

予約制
各種保険取扱
※痛みが強い場合、急患対応いたします
  • 電話
  • メニュー

当院で行える治療

一般歯科(むし歯治療)

イメージ画像

一般的な、むし歯の治療を行います。
お口の中のむし歯菌が出す酸によって、歯が変質してしまったものがむし歯です。治療では、この変質してしまった部分をきれいに取り除き、その空いた部分を詰め物やかぶせ物で補います。治療後は、お口の中のむし歯菌を減らすことによって、再発を予防します。

床矯正

イメージ画像

「矯正治療は大人の歯が生えそろってから」という考え方があります。しかしそれは、「風邪を肺炎になるまで待って治しましょう」という考え方に似ています。
当院では子どもの頃からの矯正治療を推奨してます。床矯正という非抜歯の装置を用いた治療を行いますが、これは「軽度の風邪のうちに肺炎になることを防ぐ」という考え方の矯正治療です。

詳しく見る

口臭外来

イメージ画像

口臭のほとんどは、口の中にある細菌がたんぱく質を分解し、その時に発生するガスが原因で発生します。つまり、口の中の細菌の量を減らしていくことで、ほとんどの場合臭いを抑えることができるということです。
口臭治療では、第一段階としてこの口の中の細菌の量とだ液のをコントロールするための対応を行います。ほとんどの方が、特別なグッズなどを必要とすることなく、1週間くらいで周囲が気づかない口臭レベルになります。

詳しく見る

歯科疾患総合予防

イメージ画像

最近では、多くの歯科医院が「予防」の重要性をうったえています。当院でも、もちろん予防に力を入れています。
では、何を予防すればよいのでしょうか?むし歯と歯周病を防ぐだけでよいのしょうか?
当院では歯科医院として行える予防について、5つの分野から治療を行います。

詳しく見る

歯周病治療

イメージ画像

むし歯は歯が溶けてしまう病気ですが、歯周病は歯を支える骨が溶けてしまう病気です。
そして日本人の成人が歯を失ってしまう原因でもっとも多いのはむし歯ではなく歯周病です。軽度なものを含めれば、40代以上の日本人の約8割もの人がその歯周病にかかっているといわれています。
むし歯以上におそろしい病気なので、その予防や治療にしっかりと取り組んでいく必要があります。

義歯製作

イメージ画像

歯を失ってしまった場合、それを補うために様々な方法があります。
失ってしまった箇所の周りに歯が残っていれば、ブリッジという方法を取ることもできます。しかし残っている歯が少ない場合は、入れ歯という選択肢があります。さらに残っている歯の本数によって、あご全体の総入れ歯、部分的に補う部分入れ歯という二つの方法があります。
当院では、保険診療のもの、自由診療の金属を使用しないものなど、患者さんのご要望に合わせた入れ歯をご用意しています。

口呼吸・いびき

イメージ画像

普段、口がポカンと開いていませんか? 口呼吸の弊害はたくさんあります。
口呼吸で口腔内が乾燥すると、細菌が増殖してしまいます。それによりむし歯になりやすくなったり、歯周病を悪化したり、口臭が増加したりします。またそれだけはなく、正しい顔貌の成長の阻害・いびき・免疫力の低下などを引き起こします。
口呼吸の原因は色々あります。その原因に応じた対策をいたしましょう。
またいびきは、顎の位置や、粘膜の状態を調べることで改善できます。
当院では、簡単にできて痛くない鼻うがい、サイナスリンスを取り扱っています。

PAGE TOP