床矯正| 加茂宮、本郷、宮原町のママ歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~18:00
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※月曜祝日の週は水曜診療、木曜休診となります。

〒331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町1-587-1

予約制
各種保険取扱
※痛みが強い場合、急患対応いたします
  • 電話
  • メニュー

子ども頃の矯正治療は
歯の自然な発育を利用します

床矯正

床矯正とは、専用の装置を用いて歯槽骨というあごの骨を拡げながら歯並びを動かす治療方法です。
歯槽骨の上部を拡げるので、輪郭は横に拡がりません。

イメージ画像
  • 特徴1 : 抜歯の必要がありません

    一般的な矯正治療だと、歯を動かすスペースを作るために、抜歯を行うことがあります。
    床矯正では歯の周りの骨を拡げるので、ほとんど抜歯をする必要がありません。

  • 特徴2 : 痛みがありません

    装置により少しずつ歯の周りの骨を拡げていくので、痛みを感じることはありません。

  • 特徴3 : 装置の取り外しが簡単にできます

    一般的なブランケットタイプの矯正装置と違い、人前や食事の時、歯みがきの時などいつでも自由にとり外すことができます。

イメージ画像

● 一般的な矯正治療と床矯正の違い

一般的な矯正治療と床矯正のもっとも大きな違いの一つは、抜歯か非抜歯かです。
通常では歯を抜いて歯を動かすスペースを作りますが、床矯正では歯を抜かずに歯槽骨上部を拡げることでスペースを作ります。
これをプランター(歯槽骨)と花(歯)で例えてみましょう。
花をキレイに並べるために、「花を間引いて並べる」のか、「花を抜かずにプランターを大きくして並べる」のかという違いがあります。

バイオセラピーによる保定

イメージ画像

「床矯正」と「バイオセラピー」

矯正治療には、直した歯並びが元にもどってしまう「後もどり」の問題があります。
この後もどりを防ぐための処置を「保定」と言い、保定のためには歯がもどってしまう原因を見極めて除去する必要があります。
その原因の一つに、日常生活の癖(常に口を開けていたり、ほおづえをついたりなど)が挙げられます。この正しくない癖を直すためのトレーニングを、「バイオセラピー」と呼びます。「床矯正」と「バイオセラピー」は、セットの治療といえます。

バイオセラピー

床矯正の欠点を補い、また治療後にも、その正しい状態を維持させるために、トレーニングや癖を治すことが必要です。この取り組みをバイオセラピーと呼びます。

イメージ画像
  • 口の周りの筋肉の強化
  • 舌のトレーニング
  • かむ機能のトレーニング
  • 飲み込み方のトレーニング
  • 口の体操
  • 悪い癖の修正

● バイオセラピーは顔立ちを整えます

イメージ画像 イメージ画像

バイオセラピーは、矯正治療の保定のためだけはありません。子どもが成長するにあたり、顔立ちを整える役目もあります。
写真は、ある姉妹の成長を写したものです。
日常的に口を開けていたか、閉じていたかが、成長後の顔立ちを大きく変えることになりました。口を開けていたことで、骨の成長方向が変わってしまったのです。
※画像は「床矯正の手引き」より引用

治療の開始時期

治療の開始時期

・3歳

かみ合わせが受け口になっている場合は、できるだけ早く矯正治療を開始しましょう。
この時期では、簡単な道具でスタートできます。

・5~6歳

→ガタガタの場合   
…この時期から治療をスタートしましょう。
→キレイに並んでいる 
…バイオセラピーで様子を見てみましょう。
→すき間が空いている 
…今の食生活を改善しましょう。

永久歯の前歯が
生えてきた

・下の前歯が1~2本の時期

歯ならびが悪くなるかどうか、予測しやすい時期です。
一度、無料相談を受けてみませんか?床矯正のスタートに、最適な時期です。

・下の前歯が4本生えてきた

犬歯の間の前歯4本がキレイに並んでいれば問題ありません。
ガタガタの場合は、犬歯が生えるまでに前歯4本をキレイに並べる必要があります。

犬歯が生えるまでに並べる理由

犬歯が乳歯のうちに、その間にある4本の前歯がキレイに永久歯に生え変わると、75%の確立で歯全体の歯ならびがキレイになるといわれています。

奥歯が生え変わっている
最中

床教師の装置を奥歯に掛けるので、大変難しい時期です。 一度、相談を受けてください。

全て永久歯になっている

状態によっては治療が可能です。まずはご相談ください。

● 無料矯正相談実施中

イメージ画像

無料矯正相談行っています
(予約制 : お電話ください)
2回目以降の相談には、3,000円/回(税別)の費用がかかります。

お申し込み・問い合わせは048-654-5550

治療の流れ

STEP
1
イメージ画像

矯正相談

歯並びやお口の状態、患者さんの希望・質問などを伺います。
治療の選択肢、期間、費用等について概要を説明します。

STEP
2
イメージ画像

検査・診断

精密検査の結果から歯ならびが悪化している原因を探り、治療計画を策定します。
複数の矯正方法の中から、患者さんのご要望にもっとも合う治療方法を採用します。

STEP
3
イメージ画像

治療計画の策定

精密検査の結果をもとに、治療計画を策定します。
複数の矯正方法の中から、患者さんのご要望にもっとも合う治療方法を採用します。

STEP
4
イメージ画像

治療開始

ご本人、ご両親、ご家族で相談していただき、納得していただれば治療を開始します。
治療計画に基づき矯正装置を装着します。
その後は定期的に来院していただき、装置の調整を行います。

STEP
5
イメージ画像

バイオセラピー

歯の移動が完了すれば、装置を外したます。しかし装置を外したばかりの歯は、元の位置に戻ろうとしてしまいます。歯を並べるより、それを防ぐことの方が難しいです。そのために、治療開始とともにバイオセラピーを行い、移動した歯の状態を安定させます。チューブトレーニング(咬合力を強化)、ガムトレーニングなどを必要に応じて行います。
※状態により、ブラケットタイプの矯正治療を行う場合があります。

STEP
6

保定

取り外し式の床装置で保定をします。期間は半年ほどとなります。

料金表

矯正診療初診 無料
2回目以降の相談には、3,000円/回(税別)の費用がかかります。
検査・診断・治療計画策定 25,000円(税別)
各種検査を行い、診診療方針を決定します。
床矯正治療 80,000~250,000円
(税別)
年齢、状態により変動します。上記検査・診断・治療計画策定費用も含まれます。
※上記以外に、月1回の調整代1,500円がかかります。
バイオセラピー 無料
機能訓練は必要に応じて指導いたします。
その他 ブラケットが必要になった場合、1歯につき3,000~5,000円(税別)の費用がかかります。
PAGE TOP